足のむくみによる体への悪影響

意外と知られていない足のむくみによる体への悪影響

リンパの流れの滞りによって、リンパ液が正常に排出されずに細胞同士の間に溜まっている状態が、むくみとなって表れますが、このむくみが慢性化してしまいますと、リンパ液内の老廃物中のたんぱく質が水分を抱え込んでしまうので、更なるむくみの悪化を引き起こします。

更に悪いことに、リンパ液内の老廃物は、皮下にある脂肪細胞やコラーゲンと絡まりあって、セルライトを生成します。 むくみの慢性化によって、リンパ液内の老廃物の量も増加を続けますので、セルライトが更に生成され続けることで、益々、リンパの流れを滞らせて、むくみを助長する悪循環が発生します。

とうぜん、代謝も落ち、脂肪がつきやすくなるだけではなく、セルライトが邪魔して、脂肪が落ちずらくなり、むくみの助長もあって、さらに脚が太くなっていってしまいます。 むくみは、こまめに解消しましょう。


セルライトの生成で太い脚に

むくみは、皮下にあるコラーゲン等の弾力繊維を引き伸ばしてしまいますので、皮膚のたるみやしわを引き起こしてしまいます。 更に悪いことに、むくみによって引き伸ばされた皮下の弾力繊維は、元の弾力繊維へ戻れませんので、むくみが慢性化することで、更に引き伸ばされ続ける皮下の弾力繊維により、皮膚のたるみやしわも増大していきます。

この結果、肌にハリや艶も無くなっていきますので、こうした事態を避けるためにも、リンパの流れの滞りを常に避けて、むくみをこまめに解消するように心がけましょう。

皮膚のたるみやしわ

リンパ液内には、血液色素も含有されています。 むくみの発生で、リンパ液内の血液色素が皮膚下で沈着します。 特に皮膚が薄くなっている目の下では、クマがあらわれることで、この沈着を透けて見ることができます。

しかし、むくみを頻繁に繰り返したり、慢性化すると、この色素が定着してしまって、色素沈着を引き起こしてしまうことも少なくありません。 特に、目の下に頻繁にクマが現れるような人は、目の下のクマの現れている部分やその周辺を軽くパッティングやフェザータッチで擦るなどして、リンパの流れを促し、クマを取り除くように常に心がけることで、クマが色素沈着するのを避けることが出来ます。



次の記事を読む ⇒ 足のむくみやすい人とその解消法

Top 足のむくみの基礎知識 足のむくみと病気 足のむくみを取る方法 サプリメント 薬と漢方薬 クリーム 樹液シート