足のむくみからくる痛みについての説明

足のむくみからくる痛みについて

足のむくみからくる痛みの原因は、足にたまった血液中の老廃物が静脈を通って心臓まで戻されることができない状態が過度に続くことによって、引き起こされることが少なくないそうです。

むくみを感じたら、こまめにふくらはぎの筋肉を動かしてあげたり、マッサージを施すなどして、むくみを解消し、足がパンパンにはるまで放置しない心がけも大切です。 また、むくみの状態が酷い場合には、静脈内の血液の逆流を防止する弁が壊れて、逆流部分が瘤のようになって静脈瘤ができてしまっている場合、その部分や周辺に更なる痛みを感じることもあります。

このような症状を引き起こさない為にも、こまめに足のむくみを解消するようにしましょう。

足のむくみからくる痛みの原因

足にたまった血液中の老廃物が静脈を通って心臓まで戻されることができない状態が過度に続くことによって、静脈内の血液の逆流を防止する弁が壊れて、逆流部分が瘤のようになってしまった症状の病気を下肢静脈瘤といいます。

この病気が悪化すると、慢性的なむくみと共に、痛みやかゆみなどの症状も併発し、更に悪化すると、腫瘍ができてしまいます。 命に支障が起きるほどの致命的な病気ではありませんが、早めの治療を心がけましょう。

また、慢性的にむくみがとれない場合には、この外にも、糖尿病や、心不全、腎臓や肝臓の疾患なども考えられますので、早めに病院で検査や診察を受けるようにしましょう。

足のむくみからくる痛みと病気について

足のむくみからくる痛みには、お風呂で体を温めながらのリンパマッサージが効果的です。 血行を良くすることで、滞ってしまったリンパの流れや血流を促し、また、マッサージによって、足に溜まってしまった血液や老廃物を、心臓へ向けて、静脈を通して送り戻してあげることで、むくみからくる痛みも軽減されることでしょう。

また、寝る際などには、足の下にクッションなどを入れて、足を少し高くしてあげることで、足に血液がたまるのを防止しますので、足のむくみによる痛みの更なる軽減にも効果的です。


次の記事を読む ⇒ 病院で足のむくみを治療するには?

Top 足のむくみの基礎知識 足のむくみと病気 足のむくみを取る方法 サプリメント 薬と漢方薬 クリーム 樹液シート