タイプむくみ解消法の情報とは?

足のむくみやすいタイプの人とその解消法

女性は、男性よりも、一般的に筋肉の量が少ないので、男性よりもむくみやすいとされています。 ふくらはぎは、第2の心臓とも呼ばれていますが、脚の筋肉量が少ない場合、重力のせいで脚に溜まってしまった血液を心臓へ再び戻す作用の、筋ポンプが働きずらいので、脚のむくみが発生しやすくなります。

また、女性には、男性と異なり、生理がありますので、女性ホルモンのバランスとむくみも関係しあっています。 女性ホルモンの影響で、生理直前や生理中の女性の血管は広がります。

これにより、血液内の水分の増加で尿の量も通常より減ってしまうので、体に水分がたまりやすくなることで、むくみが発生しやすくなります。 妊娠をしている際には、更なるむくみが発生しやすくなります。


女性の方がむくみやすい

肥満体質の方は、低血圧の方と同様に、心臓への負担が大きくなるため、心臓の力が弱い傾向にあります。 心臓の力が弱いと、静脈を通っている血を足部から引き上げられる力も弱まってしまいますので、足部で静脈血が滞り、むくみを引き起こすことになります。

また、皮下脂肪が多いと冷えやすく、血行が滞りやすくなるだけではなく、セルライトの生成を助長し、このセルライトによって、代謝を低下させ、更に悪いことに、むくみが慢性化しやすくなります。 むくみが慢性化しますと、様々な病気を後に引き起こすことになりますので注意が必要です。


肥満もむくみの原因に

加齢自体が直接的にむくみの原因となることはないようですが、加齢によって起こりやすくなる運動不足による筋力の低下や、代謝率の低下で肥満になりやすくなることや、心臓、腎臓、静脈などの内蔵機能の低下などにより、リンパの流れが滞りやすくなり、むくみを引き起こしやすくなるという事実はあるようです。

このむくみは、肌のハリや潤いの低下とも関係しています。 肌にハリがあるうちは、皮下組織圧によって、静脈へ水分を十分に戻すことが可能ですが、肌のハリの低下に従って、皮下組織圧も低下しますので、静脈へ水分を十分に戻すことができなくなり、むくみを引き起こしやすくなります。

更に、むくみは、皮下にあるコラーゲン等の弾力繊維を引き伸ばして、皮膚のたるみやしわを引き起こし、この引き伸ばされた弾力繊維は元に戻りませんので、悪循環になってしまい、更に、むくみを引き起こしやすくしたり、慢性的なむくみを引き起こしやすくなります。


次の記事を読む ⇒ 足のむくみと病気の関係

Top 足のむくみの基礎知識 足のむくみと病気 足のむくみを取る方法 サプリメント 薬と漢方薬 クリーム 樹液シート