足のむくみ病気に関する説明

足のむくみと病気の関係

下肢静脈瘤とは、下肢である脚に静脈瘤ができる病気です。 足は、心臓から最も遠く、また重力の作用もあり、心臓から送り出された血液が再び心臓へ送り戻される為には、第2の心臓とも称されるふくらはぎや太ももなどの筋肉作用の力も必要となります。

また、静脈には、老廃物を含んだ血液も流れていますので、この血液の逆流を防止する弁もついています。 第2の心臓の力が弱いと、血流やリンパの流れの滞りを引き起こすだけではなく、下肢部から心臓へ戻ろうとする血液が逆流し、静脈の弁が壊れて、下肢部にたまり続けます。

この状態が、慢性化してしまうと、静脈瘤ができてしまい、外観でもその瘤がはっきりわかるので、美脚もだいないしになってしまいます。 この病気が悪化すると、血管から血液が染み出すことで皮膚の黒ずみや硬化を引き起こしたり、さらには、潰瘍にまで発展してしまうこともありますので、早めの治療が必要です。


心不全

心不全とは、心臓臓の機能が正常に作用していない病気のことです。 心不全になりますと、血液を送り出すポンプが正常に作用しませんので、体内への血流循環をうまく行うことができなくなり、当然、心臓から最も遠い足部から戻ってくる静脈の血も心臓へなかなか送り戻されることできず、慢性的なむくみを引き起こします。

また、むくみだけではなく、血流の悪さから、冷え症なども引き起こしますので、さらに血液の流れが悪くなり、悪循環を引き起こします。 更に、心不全は、上り坂や階段を上る際に、すぐに息切れや動機がするなどの自覚症状もある病気ですので、慢性のむくみや、このような自覚症状がある際には、病院で診断や検査をすぐに受けるようにしましょう。


肝臓・腎臓の機能障害

アルブミンというたんぱく質成分が、足のむくみに関係があると、最近注目されています。 このアルブミンは、血液の濃さ、すなわち、血液の浸透圧をコントロールしますので、血液中の水分を抜いたり入れたりしています。

体内のアルブミンの量の低下は、血液の浸透圧をコントロールする機能を低下させますので、血液に戻すことができなかった余剰水分を増加させることで、むくみを発生させてしまいます。 アルブミンは、食物から摂取可能なたんぱく質ですが、肝臓によって生成され、腎臓が、ろ過を行います。

体内のアルブミンの量が正常でない場合、腎臓や肝臓の機能障害が疑われますので、慢性的なむくみがある場合の病院での検査の1つとして、アルブミン検査があります。 肝臓機能に障害がある場合、足以外にも、全身のむくみが発生することが多いようです。

腎臓機能に障害がある場合は、足以外にも、特にまぶたのむくみが発生することが少なくないようです。


次の記事を読む ⇒ 足のむくみからくる痛みについて

Top 足のむくみの基礎知識 足のむくみと病気 足のむくみを取る方法 サプリメント 薬と漢方薬 クリーム 樹液シート